2011年11月26日

入力した文字を拡大して表示する『拡大漢字』の紹介(1)

『拡大漢字』は入力した文字を拡大して表示するアプリケーションです。
漢字をど忘れして思い出せないときや、難しい漢字を手書きするときに役立ちます。
http://amonution.com/kakudai-kanji.html

KakudaiKanji-Introduction-08-Changed.png

今回からフォントの指定ができるようになったので、そのやり方を紹介します。

1.ショートカットの作成

『拡大漢字』は軽量・高速・簡略に重点を置いているので、設定メニューなどはありません。フォントの指定はコマンドライン引数によって行います。
まずはショートカットを作成します。拡大漢字の実行ファイル(KakudaiKanji.exe)を右クリックし、メニューから「ショートカットの作成」を選んでください。するとショートカットが作成されます。

KakudaiKanji-Introduction-01-Shortcut.png

ショートカットが作成されました。

KakudaiKanji-Introduction-02-Shortcut-End.png

2.コマンドライン引数の追加

作成されたショートカットを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選んでください。

KakudaiKanji-Introduction-03-Property.png

「リンク先」の最後、KakudaiKanji.exeの後ろに、スペースを一つ入れてから、指定したいフォント名称を入力してください。例として、ここでは「Meiryo UI」を入力しています。

KakudaiKanji-Introduction-04-Property-Set.png

これで、ショートカットから起動することで、フォントが「Meiryo UI」になります。

3.フォントの選び方

フォントの種類が分からない場合は、次のような方法で探すことができます。(もちろん、他にも色々な方法がありますが、ここでは一番簡単そうな方法を紹介します。)
まず、メモ帳を起動してください。

KakudaiKanji-Introduction-05-Notepad.png

次にメモ帳のメニューから「フォント」を選択して下さい。

KakudaiKanji-Introduction-06-Notepad-Font.png

フォントの選択画面が表示されるので、ここでお好きなフォントを探すことができます。

KakudaiKanji-Introduction-07-Font-Select.png

4.おすすめのフォント

基本的には好みで選ぶのが良いと思いますが、明朝やゴシックよりも手書きの文字に近い教科書体を使うのがおすすめです。教科書体は有償のものを購入することも出来ますが、下記のものは無料で使用することができます。

  • 「HG/HGP/HGS教科書体」…WORDなどをインストールすると勝手にインストールされているフォントです。WORDなどを使っている方にはおすすめ。
  • フリーフォント「モトヤ教科書体」…無料で使えますが、ダウンロードするために登録が必要だったり、サポートしている字数が少ないのが難点です。
  • 「梅明朝」「梅ゴシック」…教科書体ではありませんが字形が似ています。梅フォントからダウンロード出来ます。

教科書体と明朝やゴシックの一番の違いは、「はね」「はらい」の表現です。詳しくはこちらのページが参考になります。
教科書体/きれいな字を書こう 小学生の漢字

または、毛筆やペン字、手書き風のフォントを使うのも良いと思います。

良かったらクリックしてください
にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ  人気ブログランキングへ

タグ:拡大漢字
posted by among at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自作アプリの紹介

2011年11月23日

Twitter用クライアント『TLBar』 Ver.0.0.0.18公開

Twitter用クライアント『TLBar』Ver.0.0.0.18公開

Twitter用のクライアント「TLBar」Ver.0.0.0.18を公開しました。
TLBar -Amonution

今回からツイート(投稿)ができるようになりました。

TLBarのフォームの上でダブルクリックをすると、テキストの入力欄が表示され、ここにテキストを入力して「ツイート」ボタンを押せばツイートができます。
SimplePost3.png

リプライやダイレクトも一応は可能です。リプライを飛ばすためには"@ユーザID"を、ダイレクトを飛ばすためには"D ユーザID"を先頭に入れてください。
そのうちちゃんと対応したいと思います。

ツイートをHTMLデコードして表示するようにしました

今までは、「<」や「>」などが「&lt;」「&gt;」と表示されていたのを正しく表示するようにしました。
そのほかにもハートマーク「♥」(&#9829;)横三角「▶」(&#x25B6;)などが表示されるようになります。

認証し直したときの挙動を修正。

認証をし直したときは、いったん、Twitterと切断して、再接続するようにしました。
これはユーザーIDを切り替えるときなどに関係してきます。今までは再起動しないと切り替えできませんでした。

良かったらクリックしてください
にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ  人気ブログランキングへ

posted by among at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter

2011年11月12日

Twitter用クライアント『TLBar』 Ver.0.0.0.17公開

Twitter用クライアント TLBar (表示専用、.NET Framework 4使用、oAuth認証)Ver.0.0.0.17公開

Twitter用のクライアント「TLBar」Ver.0.0.0.17を公開しました。
TLBar -Amonution

ブログの更新が途絶えていたので、こちらでも告知します。
今回の更新では「リピート機能」を追加しました。こちらはユーザーさんからの要望を受けて実装したものです。
リピート機能を有効にしていると、タイムラインの未読が全てなくなってから、最新のツイートから指定した件数分だけくり返し表示する状態になります。
新しくツイートがあればそれを表示しますが、また未読がなくなればくり返し表示する状態になります。

あとは内部処理はいろいろといじっています。もしかしたら、そのせいで何か問題が起きるかもしれませんが…。
何かあったらツイッターで教えていただけると助かります。

良かったらクリックしてください
にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ  人気ブログランキングへ

posted by among at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter