2011年08月11日

C#とDXライブラリでゲーム制作2 1回目

テトリスを作る

○×ゲームだとちょっとゲームとして物足りないので、テトリスを作ってみることにします。

テトリスは(ゲーム性にこだわらなければ)非常に簡単なプログラムなので、プログラムの入門用サンプルとして使われることが多いので、その辺りの説明は端折っていきます。適当なキーワードで検索すれば見つかると思います。

大雑把な改造内容

システムメイン

これはそのまま流用します。

ゲームメイン

こちらはテトリス用に大幅に改造することになります。

背景クラス

○×ゲームでは黒板のような背景と#の形の線を引きましたが、今回は黒一色に枠だけ描きます。もちろん、背景画像を読み込むようにすると、それっぽくなりますが。

フィールド管理クラス

○×ゲームでは配置した○、×を管理しました。テトリスでは固定されたブロックを管理します。役割は同じようなものですが、処理の内容は大きく変わります。

カーソルクラス

テトリスでは使わないので削除します。

キーボード入力状態管理クラス

基本的には流用しますが、キーボードのリピート処理を追加します。これは、キーを押しっぱなしにしたときに、そのキーを連打したかのような状態を作り出すための機能です。

FPS制御用クラス

これはそのまま流用します。

メッセージ表示クラス

これも流用します。が、あまり使いません。

その他のクラス

テトリスとして必要なクラスを追加します。テトリスのブロックや、ピース(4つのブロックの組み合わせをピースと呼ぶことにします)の管理などでしょうか。

良かったらクリックしてください
にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ  人気ブログランキングへ

posted by among at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム制作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47311841

この記事へのトラックバック