2011年08月13日

C#とDXライブラリでゲーム制作2 3回目

キーボードリピート処理

キーボードのリピート処理は、あるキーを一定時間押し続けたときに、キーを連打したかのように振る舞う処理です。そこで、「一定時間押し続けた」の判定のためのカウンタ値を用意します。

キーの状態をリードしたときに、そのキーが押下状態であれば、カウンタ値をカウントアップします。そして、カウンタ値が一定数以上になれば、リピート状態になったと判断します。また、キーが放されれば、カウンタ値をゼロにクリアします。

改造した「キーボード押下状態制御クラス」を公開します。
InputController.cs

良かったらクリックしてください
にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ  人気ブログランキングへ

posted by among at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム制作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47315765

この記事へのトラックバック