2012年07月21日

GeckoFXで簡素なWebブラウザを作る(C#)

IEコンポーネントのWebBrowserコントロール、WebKit.NETの次は、GeckoFXを使ってみます。
GeckoはFirefoxとかで使われているレンダリングエンジンですね。これを.NETから簡単に使えるようにしたライブラリがGeckoFXです。

GeckoFXの導入については下記のサイトを参考にさせていただきました。
GeckoFXの導入・使用方法

リンク先の記事と異なる点は下記の通りです。

あとは、WebBrowser、WebKitBrowserのときと同様にプログラムを作成しました。
「再読み込み」はWebKitBrowserと同様に「Reload」。
「ホームへ移動」はWebKitBrowserと同様に該当するメソッドなし。

public Form1()
{
    InitializeComponent();

    this.comboBox1.Text = "http://www.google.com";
    this.button1.Text = "戻る";
    this.button2.Text = "進む";
    this.button3.Text = "更新";
    this.button4.Text = "ホーム";
    this.button5.Text = "移動";
}

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
}

/// <summary>
/// URL入力エリア:選択変更
/// </summary>
/// <param name="sender"></param>
/// <param name="e"></param>
private void comboBox1_SelectedIndexChanged(object sender, EventArgs e)
{
    try
    {
        // 移動
        geckoWebBrowser1.Navigate(comboBox1.Text);
    }
    catch
    {
    }
}

/// <summary>
/// URL入力エリア:キー入力
/// </summary>
/// <param name="sender"></param>
/// <param name="e"></param>
private void comboBox1_KeyDown(object sender, KeyEventArgs e)
{
    // エンターキー
    if (e.KeyCode == Keys.Enter)
    {
        // 移動ボタン入力と同じ
        button5.PerformClick();
    } 
}

/// <summary>
/// 戻るボタン
/// </summary>
/// <param name="sender"></param>
/// <param name="e"></param>
private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // 戻る
    this.geckoWebBrowser1.GoBack();
}

/// <summary>
/// 進むボタン
/// </summary>
/// <param name="sender"></param>
/// <param name="e"></param>
private void button2_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // 進む
    this.geckoWebBrowser1.GoForward();
}

/// <summary>
/// 更新ボタン
/// </summary>
/// <param name="sender"></param>
/// <param name="e"></param>
private void button3_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // 更新(再読み込み)
    this.geckoWebBrowser1.Reload();
}

/// <summary>
/// ホームボタン
/// </summary>
/// <param name="sender"></param>
/// <param name="e"></param>
private void button4_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // ホームへ移動
}

/// <summary>
/// 移動ボタン
/// </summary>
/// <param name="sender"></param>
/// <param name="e"></param>
private void button5_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // 入力したURLに移動する
    try
    {
        string url = comboBox1.Text;
        // "http://"が無ければ補完
        if (comboBox1.Text.StartsWith("http://") == false)
        {
            url = "http://" + url;
        }
        // 移動
        geckoWebBrowser1.Navigate(url);
        comboBox1.Items.Add(url);
    }
    catch
    {
    }
}

/// <summary>
/// GeckoWebKitブラウザ:ナビゲーション実行時
/// </summary>
/// <param name="sender"></param>
/// <param name="e"></param>
private void geckoWebBrowser1_Navigated(object sender, Skybound.Gecko.GeckoNavigatedEventArgs e)
{
    // URL入力エリアにナビゲートしたサイトのURLを設定
    try
    {
        this.comboBox1.Text = this.geckoWebBrowser1.Url.ToString();
    }
    catch
    {
    }
}

/// <summary>
/// WebKitブラウザ:ドキュメントのタイトル変更時
/// </summary>
/// <param name="sender"></param>
/// <param name="e"></param>
private void geckoWebBrowser1_DocumentTitleChanged(object sender, EventArgs e)
{
    // フォームのタイトルを変更
    this.Text = this.geckoWebBrowser1.DocumentTitle;
}

実行結果はこんな感じです。見た目はWebBrowser、WebKitBrowserと違いありませんね。
GeckoWebKit-Sample-01.png

良かったらクリックしてください
にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ  人気ブログランキングへ

タグ:C# WebBrowser Gecko
posted by among at 21:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | C#
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57158400

この記事へのトラックバック