2012年07月29日

ポーカーの役判定プログラム(C#)

ポーカーの役を判定するプログラムをC#で作りました。
私は昔、麻雀の役を判定するアルゴリズムを見たことがあります。ポーカーの役判定も洗練されたアルゴリズムがあると思うのですが、あまりまとまっている情報がありませんでした。
いくつかのサイトで収集した情報を元にC#のプログラムに起こしたので公開します。
ただし、バグはあるかもしれません。

ポーカーのルールについてはポーカー - Wikipediaを参照してください。

// カードの意味
// 1バイトの上位4ビット(0xF0)をスート、下位4ビット(0x0F)をランク、として扱う
// 
//          A 2 3 4 5 6 7 8 9 10 J Q K
// ♠(スペード): 11 12 13 14 15 16 17 18 19 1A 1B 1C 1D
// ♥(ハート) : 21 22 23 24 25 26 27 28 29 2A 2B 2C 2D
// ♦(ダイア) : 31 32 33 34 35 36 37 38 39 3A 3B 3C 3D
// ♣(クラブ) : 41 42 43 44 45 46 47 48 49 4A 4B 4C 4D
//

/// <summary>
/// 手役
/// </summary>
public enum PokerHand
{
    RoyalStraightFlush,
    StraightFlush,
    FourOfAKind,
    FullHouse,
    Flush,
    Straight,
    ThreeOfAKind,
    TwoPair,
    OnePair,
    NoPair,
}

/// <summary>
/// 手役の判断
/// </summary>
/// <param name="cards">手札</param>
/// <returns>手役</returns>
public PokerHand Judge(List<int> cards)
{
    // カードが2枚以上ない場合、判定なしで不成立
    if (cards.Count() < 2) return PokerHand.NoPair;

    // @ペア系の判定
    // 各カードとペアになるカードの枚数をカウントする。
    // 枚数に応じてペア系の役が確定する。
    int count = 0;
    for (int i = 0; i < cards.Count() - 1; i++)
    {
        for (int j = i + 1; j < cards.Count(); j++)
        {
            if ((cards[i] & 0xF) == (cards[j] & 0xF))
            {
                count++;
            }
        }
    }
    // 成立した役を返す
    switch (count)
    {
        case 1: return PokerHand.OnePair;
        case 2: return PokerHand.TwoPair;
        case 3: return PokerHand.ThreeOfAKind;
        case 4: return PokerHand.FullHouse;
        case 6: return PokerHand.FourOfAKind;
    }

    // ストレート系・フラッシュ系はカード5枚でないと不成立
    if (cards.Count() != 5) return PokerHand.NoPair;

    // Aストレート系の判定
    bool straight = false;
    bool royal = false;

    // 5つの数字の差が4以内であればストレート成立
    {
        int max = cards.Max(card => card & 0x0F);
        int min = cards.Min(card => card & 0x0F);
        if (max - min <= 4)
        {
            // ストレート成立
            straight = true;
        }
    }
    // ストレート不成立の場合はロイヤルストレートの判断を行う。
    // エース(A)を14として判定し直す
    if (straight == false)
    {
        int max = cards.Max(card => ((card & 0x0F) == 1) ? 14 : (card & 0x0F));
        int min = cards.Min(card => ((card & 0x0F) == 1) ? 14 : (card & 0x0F));
        if (max - min <= 4)
        {
            // ロイヤルストレート成立
            straight = true;
            royal = true;
        }
    }

    // Bフラッシュ系の判定
    bool flush = true;

    // 5つのスートが全て同じならフラッシュ成立
    for (int i = 1; i < cards.Count(); i++)
    {
        if ((cards[0] & 0xF0) != (cards[i] & 0xF0))
        {
            flush = false;
            break;
        }
    }

    // 成立した役を返す
    if (royal && flush) return PokerHand.RoyalStraightFlush;
    if (straight && flush) return PokerHand.StraightFlush;
    if (flush) return PokerHand.Flush;
    if (straight) return PokerHand.Straight;

    // 何も成立しなかった
    return PokerHand.NoPair;
}

動作検証のため、FormにTextBoxとRichTextBoxを配置して、検証用プログラムを書きます。検証用なのでかなりの手抜きです。
TextBoxに、手札の数値をスペースで区切って16進数で入力すると、その結果をRichTextBoxに出力します。


private void textBox1_TextChanged(object sender, EventArgs e)
{
    // テキストボックスに入力した数値をリストに格納する。
    // 文字列→数値の変換は結構手抜き
    List<int> cards = new List<int>();
    foreach (string text in this.textBox1.Text.Split(' '))
    {
        try { cards.Add(int.Parse(text, System.Globalization.NumberStyles.AllowHexSpecifier)); }
        catch { }
    }

    // 役の判定
    PokerHand hand = Judge(cards);

    // 結果出力
    StringBuilder sb = new StringBuilder();
    string[] suit = new string[] { "♠", "♥", "♦", "♣" };
    string[] rank = new string[] { "A", "2", "3", "4", "5", "6", "7", "8", "9", "10", "J", "Q", "K" };

    foreach (int c in cards)
    {
        try
        {
            sb.Append(
                suit[((c & 0xF0) >> 4) - 1] +
                rank[(c & 0x0F) - 1]);
        }
        catch { }
    }

    sb.Append(
        System.Environment.NewLine +
        hand.ToString());

    richTextBox1.Text = sb.ToString();
}

実行結果は次のようになります。
手札の順番はバラバラでも問題ありません。
PokerHand-Sample.PNG

良かったらクリックしてください
にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ  人気ブログランキングへ

posted by among at 20:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム制作
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57308421

この記事へのトラックバック